TOP

仕事帰りでへとへとでもつい風俗は行っちゃう!風俗体験談ページです。

横浜のヘルスで偶然の再会、もしかしたらという予感があった

とあるポータルサイトで横浜の風俗を探していたとき、やたら元クラスメイトに似ているヘルス嬢を見かけたんです。もう卒業から何年も経っていてもそのくらいは分かるというか、もっと言えば自分のことを苛めていた女の子だったんですよね。まさかその彼女が横浜のヘルス で働いているとは思いもしませんでしたけど、面白そうだったので彼女を指名予約してみました。
ヘルス店に行って実際に会うと、彼女の方もすぐに気付いてくれました。かなり気まずそうだったんですけど、こちらとしては確信犯。でも確信犯だと悟られるのも癪だったのでそこは上手く誤魔化して偶然を装いました。さすがに彼女も抵抗があったようですけど、「お客なんだしさ」の一言で勘弁したかのような表情になってくれました。そして昔いじめられていた彼女に奉仕してもらうという、ある種のリベンジを果たすことが出来ました。自分のことを苛めていた女の子が自分に奉仕している。そのシチュエーションに堪らなく燃えました。彼女の気持ちは分かりませんが、今後のヘルスは当分彼女で決まりです。

そのヘルス嬢は恥ずかしがり屋というか初々しいというか

恥ずかしがり屋なのか、それとも初々しいのか。そこまではよく分かりませんでしたけど、彼女はまるで男の経験がないんじゃないかと勘繰りたくなるようなヘルス嬢に横浜のヘルスで出会いました。さすがにヘルス嬢で未経験ということはないとは思うんですけど、こちらのモノを見て顔が真っ赤になっているのを見ると、それがキャラクターなのか、あるいは素なのかさえ自分でもよく分からないような状況となっていたんですよね(笑)
でも、なんだか初々しい女の子とプレイするのはそれはそれで楽しいなとも思いましたね。こちらが主導権を握って女の子をガンガン攻めることが出来るじゃないですか。そこでとっても良い反応を見せてくれるんです。それだけでも自分にとってはかなり良いなと思いましたし、もっともっと彼女のいろんな表情を見てみたいって思ったら、自分の中でもいろいろな気持ちが芽生えましたよね(笑)
彼女のおかげで自分が意外とサドっ気があるんだなということにも気づかされたので、その日のヘルスは何から何までいろいろと楽しかったです。